栃木のバス「前乗り・前降り」廃止へ LRT見据えICカード導入で 関東自動車/JRバス関東

宇都宮駅でバスに乗り換えたら「Suica使えません」解消!

しばらく「前乗り・前降り」「後乗り・前降り」混在

Large 201006 tochigi 01
関東自動車の路線バス(Y.Nさん撮影)。

 栃木県で路線バスを運行する関東自動車とジェイアールバス関東が、県内のバスで乗車方式を順次変更します。ICカード乗車券の導入に向けた措置です。

 両社の路線バスでは、車両前方から乗車し、降車時に運賃を支払い同じ扉から下車する「前乗り・前降り」方式を長年にわたり採用しています。車両後方の中扉もしくは後扉は締切扱いで、基本的には使われません。これを、中扉もしくは後扉から乗車し、前扉から下りる「後乗り・前降り」方式に改めます。

 乗車方式の変更は、ICカード対応の機器へ取り替えられた車両から順次実施され、しばらくは従来の乗車方式と新しい方式が混在する見込みです。

 県北(那須塩原市など)では先行して12月中旬以降、県央の宇都宮地域などでは、後述するバスカードの利用が終了する2021年1月5日から順次、機器を取り替えていくとのこと。関東自動車によると、おおむね4月から5月には統一されるのではないかということです。

【歴史的変更】栃木のバスの乗車方式変更を図解

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「神奈川中央交通」というバスはICカード乗車券を採り入れてからも均一運賃ではない路線ではしばらくは前降り前乗りでしたね。乗降に時間がかかる上、降りる客が先というマナーを前提としたシステムでトラブルもありました。郡部?でも均一制の路線では朝は急いでいるとか後扉が無駄だという意見でもあったのでしょうか朝ラッシュだけローカルルールで先払いというところもありました。