小田急沿線でシェアサイクルの実証実験 世田谷区内の各駅最寄りにステーション設置

駅からの散策に、自転車という選択肢が増えます。

Large 20201007 cycle 01

拡大画像

「ダイチャリ」で提供される自転車のイメージ(画像:ダイチャリ)。

 小田急グループはシナネンモビリティPLUS株式会社と共同で、2020年10月13日(火)から、世田谷区内の小田急線沿線でシェアサイクルのステーションを設置する実証実験を行います。

 シェアサイクルの利用には、OpenStreet株式会社が提供するプラットフォーム「HELLO CYCLING」が用いられます。これまで世田谷区内の小田急線沿線では「HELLO CYCLING」と提携するステーションが限られていたため、今回の施策により、駅を起点とした地域内の移動の利便性の向上が図られます。

 シェアサイクルサービスは東京、神奈川、埼玉エリアで展開される「ダイチャリ」で、料金は15分ごとに70円、12時間で1000円。支払いには、クレジットカード、キャリア決済、Yahoo! ウォレットが利用可能です。自転車は全て電動アシストつき自転車です。

 今回の実証実験の結果をふまえ、今後エリアの拡大も検討されるとのことです。

【了】

【地図】小田急沿線のシェアサイクル「ステーション」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント