ハワイ・ホノルルに都市鉄道が建設中 車両は日立製 どこを結ぶ? いつできるの?

どんなルートに?いつできる?

 全体計画では南西部のイースト・カポレイ駅から、真珠湾やアリゾナ記念館への玄関口であるアロハ・スタジアムやダニエル・K・イノウエ国際空港を経由し、ホノルル中心市街地を通り、ワイキキビーチへの入口であるアラ・モアナ駅に向かうルートになっています。

 このうち、イースト・カポレイ駅~アロハ・スタジアム駅間が2021年3月以降に先行開業、その後2023年に空港を含むミドル・ストリート駅までの区間が延伸され、全線開業は2025年と見込まれています(2020年10月時点)。

Large 20201008 honolulu 02

拡大画像

ホノルル・レール・トランジットのルートと開業予定(2020年10月現在の情報。HARTの画像を加工)。

 各駅の駅施設のデザインにあたり、それぞれワークショップが開かれ、地域の歴史や特色が取り入れられます。運賃の支払いは現金のほか、現地のバスや提携店舗で利用可能な「HOLOカード」と呼ばれるICカードにも対応します。また、車内への自転車の持ち込みが可能です。

 先行開業区間にある9つの駅の建設工事は2020年10月現在進捗率が93%~98%で、2020年秋には全て完成予定とのことです。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント