日本との違いにびっくり! 車掌が拳銃 地平線の夕日…海外鉄道の思い出&ユニーク体験

海外での鉄道利用経験に関するアンケートを実施。アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカなどで鉄道を利用した際の驚いた出来事やユニークな体験、忘れられない経験などがたくさん集まりました。

海外の列車での忘れられない出来事

「乗りものニュース」では2020年4月23日(木)から25日(土)にかけて、海外での鉄道利用経験に関するアンケートを実施。668人から回答が集まりました。

 海外で鉄道の利用経験がある人に、そのときの驚いた出来事やユニークな体験、忘れられない経験などを質問しました。多数の回答のなかから抜粋して紹介します。

Large 200423 qoverseas 01
かつてデンマーク~ドイツ間では、一部の国際列車が途中、客を乗せたまま船に乗っていた。航海中、客は列車から船内に出られた(2015年9月、乗りものニュース編集部撮影)。

・座席がFRP(繊維強化プラスチック)なのがびっくりしました。(35~39歳、男性)
・まだ動いてるのにドアが開く。(30~34歳、女性)
・タイの鉄道には僧侶優先席がある。(30~34歳、男性)
・上海の満員電車の中、妊婦さんが来たら道を開けて優先席までの一本道ができていたこと。(40~44歳、男性)
・子どもが線路に飛び出し急停車。お茶を被りました(中国)(35~39歳、女性)
・韓国の観光列車。知名度が高くないのか、当日飛び乗りでも普通に切符が買えて楽しい鉄道旅行が楽しめる(25~29歳、男性)
・ソウルの地下鉄車内での物売り。巧みな口上で日用品を売り歩く姿には驚きますが、それを購入する客がいるのに二度ビックリ。かく言う自分も剃刀を買ったことあり。(45~49歳、男性)
・インドで「日本人はあなた達しか乗ってないので、日本語でなら車内放送機器を自由に使っていい」と言われた。(40~44歳、男性)
・デンマークとドイツの間に列車ごと船に積み込まれる区間があったこと。(30~34歳、男性)
・イギリスの留学先で友達になったスペイン人の子が電車に乗ろうとした瞬間、ドアが閉まって離れ離れになった。三つ目の駅だったので慌てて指三つ立てて伝えたらうまく伝わって再会できた。思わず抱き合った。日本だったら多分ドアを開けてくれたと思う。(45~49歳、男性)

【写真】どこまで潜る? ロシアの地下鉄 長すぎるエスカレーター

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント