数奇な経歴をたどるJAL系国際線LCC「ZIPAIR」 念願の本始動 旅客便初便も「異例」

これまで一時的に「貨物便」として運航を続けてきたJALグループのLCC「ZIPAIR」。いよいよ旅客便が開設され、本格始動しました。数奇な経歴をたどってきたこの航空会社の「念願の日」の様子はどのようなものだったのでしょうか。

「太平洋を渡るLCC」への第一歩

 JAL(日本航空)グループが展開するLCC(格安航空会社)、「ZIPAIR(ジップエア)」が2020年10月16日(金)から、同社初の旅客便路線となる成田~ソウル(仁川)線の運航を開始。初便がついに成田空港を出発しました。

Large 201016 zip 01

拡大画像

成田空港を出発するZIPAIRの旅客便初便(2020年10月16日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ZIPAIRは、2020年6月に運航が開始されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大による需要停滞の影響を受け、デビュー路線となる成田~バンコク線、ついで開設された成田~ソウル線ともに、旅客機に乗客を乗せず、貨物スペースに航空貨物をのみを載せる異例の「貨物便」という形態で運航を続けていました。

 同社にとって念願である旅客便の運航開始。これについて同社の西田真吾社長は、「設立を発表して以来、順調に準備を進めてきたものの、“第4コーナー”でこの厳しい状況となりました。しかし、社員とともに乗り越えてきました。まずは社員に感謝したいと思います。一歩一歩『太平洋を渡るLCC』に向け進んでいきたいと思います。是非お客様には、私どもの姿をご覧頂き、自分らしい旅ができそうだと思っていただければと思います」と話します。

 はじめて旅客便の運航が始まるZIPAIR、機内のサービスはどのようなものなのでしょうか。

【写真で見る】ZIPAIRいよいよ本始動! 旅客便デビュー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント