「Go To東京追加」でみんなどこへ 公共交通での行先で伸び率最大は「石川県」

石川県のなかでも温泉が人気の模様。

Large 201021 kokyo 01
金沢駅(兼六園口)のイメージ(画像:Chan Richie/123RF)。

 ナビタイムジャパンは2020年10月21日(水)、「Go Toトラベル」事業の東京都追加(10月1日)にともなう、経路検索の傾向を分析した結果を発表しました。

 同社が提供する各種ナビゲーションサービスの経路検索条件データから、東京都内を出発地として検索されたデータを抽出し、「Go Toトラベル」に東京都が追加される前の9月最初の週末(9月4日~6日)と、追加後の10月最初の週末(10月2日~4日)を比較したものです。

 公共交通での移動において検索数が増えた都道府県は、石川県で1.57倍、京都府で1.46倍、長崎県で1.40倍、以降は福井県、島根県、宮崎県と続きました。自動車での移動で検索数が増えたのが、関東に比較的近い県が多かったのとは対照的に、東京から新幹線や飛行機で移動するような遠方の県でも伸びが見られました。

 石川県内のスポット別では、和倉温泉が最も人気だったそうです。ほかにも、山代温泉や加賀温泉など、温泉地が多く検索されているほか、新幹線でのアクセスが良い金沢駅周辺の兼六園や金沢21世紀美術館なども人気を集めているそうです。また京都府では清水寺、長崎県ではハウステンボス、鳥取県では鳥取砂丘など、屋外の観光地が多く検索されているといいます。

【了】

【公共交通】「Go To」東京追加後に検索が増えた都道府県・スポット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント