“閑散”成田空港T1の「救世主」なるか? LCCピーチ T3から出戻り移転 利便性も向上

コロナ禍で半年程閉鎖されていた成田空港の第1ターミナルの国内線エリアが再稼働します。きっかけは、LCCのピーチが発着ターミナルを、第3から1年ぶりに第1へ再移転したことです。その初日を取材しました。

バニラエアとの合併でT3に一時移転

 LCC(格安航空会社)のピーチが2020年10月25日(日)より、成田空港での発着ターミナルを、国内のLCCが多く発着する第3から、ANA(全日空)などが乗り入れる第1に移転しました。

Large 201025 nrt 01

拡大画像

成田空港を出発するMM541便を見送るピーチの森健明CEOとCA(2020年10月25日、乗りものニュース編集部撮影)。

 同社は成田空港乗り入れ時から長いあいだ第1ターミナルを使用。その後2019年10月27日にLCCのバニラエアと合併したことにともなって、一旦第3ターミナルからの発着としていました。つまり今回、第1ターミナルへ1年ぶりに「出戻った」形になります。

 同社によると、この移転によって成田空港駅から直結でチェックインカウンターまで行き来できることから、利便性の向上が期待できるとのこと。また、入居する店舗数も第1の方が充実しています。なお、第3の場合は、空港第2ビル駅から一旦第2ターミナルの外に出て、そこからバスか徒歩で移動する必要がありました。

【閑散…】緊急事態宣言解除直後の成田空港T1

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント