「ジャンボ」B747-400旅客機がチャイナエアラインから全機退役 米国の会社が再販へ

どんどん「ジャンボ」なくなっていきますね……。

 航空機の販売やリースを行うアメリカの「GA テレシス(GA Telesis)」は、現地時間2020年11月3日(火)、チャイナエアラインが保有する「ジャンボジェット」ことボーイング747-400型機4機のリマーケティングと販売の独占的な委任を受けたと発表しました。

Large 201104 b44 01

拡大画像

チャイナエアラインのボーイング747-400型機(2019年、乗りものニュース編集部撮影)。

 今回委任を受けた4機の製造番号は33734、33735、33736、33737で、これはチャイナエアラインが保有する旅客型の747-400型機のラスト4機にあたります。このリマーケティング契約で、同社の747-400型機は全機完全退役となり、保有するのは貨物型のみとなります。

 GAテレシス保有となったこれら4機の売却はいずれも即時可能な状態で、購入者への納入は最短2021年第1四半期以降とのことです。

【了】

【異形】「ジャンボ」にはずんぐりむっくりバージョンも

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント