北陸新幹線が北陸道を跨ぐ にゅ~んと伸びる橋桁「送出し架設」動画で 金沢~敦賀

工事は着々と進んでいます!

Large 201104 hokuriku 01

拡大画像

北陸道をまたいだ北陸新幹線の武生橋りょう(JRTTの動画より)。

 北陸新幹線 金沢~敦賀間を建設しているJRTT鉄道建設・運輸施設整備支援機構が、武生(たけふ)橋りょう(福井県越前市)の架設工事の様子を収めた動画を公開しています。

 武生橋りょうは、福井~南越間(駅名は仮称)に建設される橋のひとつで、北陸道をまたぎます。今回は準備工事として、まず橋桁の支えとなる高速道路をまたぐ梁を1夜で架設し、橋桁本体は2020年9月、「送出し工法」により3夜間で架設しました。

 送出し工法とは、レールなどが付いた架台に載せた橋桁を、ジャッキなどにより少しずつ送り出して架設していくものです。橋桁を1m送り出すのにかかる時間は約3分、1夜間で約85mを送り出し、3日目に長さ265.5mの橋桁が高速道路上を斜めにまたぎました。その後はさらに高速道路を1夜間通行止めにし、橋桁を橋脚に据え付けて架設を完了しています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 他の工区のために開通が一年程度延びるという報道も目にしましたが