燃費よすぎて困る… LPGスタンド減 どう維持? タクシー燃料入れられない問題

「ジャパンタクシーを一般にも売って」業界の訴え

 2018年に登場したトヨタの次世代型タクシー車両「ジャパンタクシー(JPN TAXI)」は、ガソリンではなくLPGハイブリッドが採用されています。全国LPガス協会によると、これには、タクシー事業者の強い要望があったとのこと。

 当然ながら、ハイブリッドではない従来のセダン型タクシー車両に比べると、ジャパンタクシーの燃費は大幅に向上しており、同車が普及すればするほど、LPGの販売量が減少するのは明らか。LPGスタンドをどのように維持していくかが、業界の課題になっています。

 LPGスタンドを維持するひとつの方法として挙げられているのが、取り扱う燃料の多様化です。全国LPガス協会が経済産業省の研究会で提出した資料では、LPガスは改質器を通して水素の供給も可能といい、欧州では様々な種類のエネルギーを供給できる複合型設備もあるとのこと。

 しかしながら、技術的ハードルは高く、実際にエネルギー供給のマルチ化を果たしたスタンドは、2020年現在、国内には存在しないといいます。またLPGスタンドは、ガソリンスタンドのようなセルフ化、無人化といったことも、消防法令で認可されていません。

Large 201105 lpg 02
LPGスタンドの構造。ガソリンスタンドよりも大規模地震などに強いという(画像:全国LPガス協会)。

 では、どうやってLPGスタンドを維持していくのでしょうか。

 全国LPガス協会は自動車メーカーなどに「LPGの車種を増やしてほしい」と訴えているそうです。「ジャパンタクシーなどは台数も増えてきましたので、タクシー用途ではなく一般向けにも売ってほしいとお願いしています」とのこと。タクシー以外では、たとえばガスボンベを運ぶトラックなどがLPGを使用しているといいます。また乗用車でも、ガソリンからLPGへ改造する事例もあるとのことです。

 スタンドの減少や過疎化は、通常のガソリンスタンドも同じ課題を抱えていますが、全国LPガス協会は、「業界としても(LPGスタンドの減少を)食い止めたい」と話します。

【了】

【グラフ】右肩下がりのLPGスタンド数&LPG車台数

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. これ本当!MT車だとLPは全体にトルクが薄いから燃費悪いですね。
    そこで2t級のトラックにはガソリンエンジンベースとディーゼルベースがありますが何れもトルクが薄く燃費悪いですがCNGを用いた路線バスは同排気量のディーゼル並に仕事をします。

  2. もしも石油危機が起こって原油があまり入ってこなくなったら、得率が小さいLPGは民生用と取り合いになりかねないので、LPG車はフェイドアウトさせてEVなどに置き換えていってはいかがか。

  3. LPGエンジン車は力がない。
    同じ排気量のガソリン車と比較して2割減。
    2000㏄のLPG車と、1600㏄ガソリン車と同等の力しかありません。燃費も悪いしね。
    それでもLPGを使うのは、燃料調達コストが安いからです。
    JAPANタクシーの燃費が良いのは、ハイブリッドシステムのおかげだが、欠陥タクシーに乗せられる運転手はたまったものではない。
    CNG車は、低速トルクはLPGよりはあるけど上が伸びないので、かなり運転しにくいクルマです。
    生産台数が少ないので、補給部品調達コストが高過ぎて燃料コストで埋められません。
    日本一高飛車な輸入代理店のクルマとタメ張ってるかも?
    部品も受注生産なので、2週間は待たされて生産財としての魅力は無し。
    施策も、環境省と国交省で火花散らすだけで、環境の事もユーザーの事もこれっぽっちも考えていないんです。