ガソリン価格がビミョーに下がり続けているワケ もっと下がっていい? 旅行に追い風か

コロナ禍の底値から一時的にV字上昇したガソリン価格が、このところ少しずつ下がっています。「Go Toトラベル」も本格化し、需要は回復していますが、今後はどうなるのでしょうか。

週末は大渋滞なのに、ガソリン価格なぜ下がっている?

 新型コロナウイルスの影響下で下落し、経済活動の再開とともに、いったんはV字上昇したガソリン価格。しかし、このところは微妙な値下がり傾向が続いています。

 資源エネルギー庁が2020年10月28日(水)に発表した石油製品価格調査結果によると、10月26日(月)時点におけるレギュラーガソリンの店頭現金小売価格の平均は、1リットルあたり133.9円。値下がりは6週連続ですが、前の週からは0.1円、その前の週からも0.1円と、「小幅な値下がり」が続いています。

Large 201029 gas 01
ガソリン価格表示板のイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

 直近の最高値は1月20日時点の151.6円、そこから新型コロナの影響が顕在化するとともに値を下げ、5月11日に124.8円の底値を記録、それ以降は経済活動の再開とともに値を上げ、9月14日に135.8円を記録しました。しかし、そこからは再びジワリ、ジワリと値を下げます。6週間の値下がり幅は1.9円です。

 特に10月以降は「Go toトラベル」に東京都も追加され、首都圏の高速道路では週末に30kmを超えるような激しい渋滞も頻発するほどですから、ガソリン需要はそれなりに回復していると考えられます。なぜ値を下げているのでしょうか。

 資源エネルギー庁の価格調査を受託している石油情報センターによると、原油価格の下落が影響しているとのこと。むしろ、もっと下がってもいいような状況で、「原油価格や卸値が下がった分が、末端のガソリン価格にいきわたっていない」と話します。

【10月最新版】ガソリン安い県どこ? 都道府県別の販売価格ランキング

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 軽油が100円割れば安いと言えるかもね。