バス営業所を回る「車両撮影特化ツアー」開催 V8車両も体感 国際興業バス

まさに「バスファンのためのツアー」開催です。

Large 201106 bus 01

拡大画像

ツアーの移動に使われるバス車両(画像:国際興業)。

 国際興業は2020年11月5日(木)、バスを1台ずつじっくり撮影し楽しむためのツアー『国際興業バス「見る・撮る・乗る」ツアー』を12月に開催すると発表しました。

 このツアーでは東京駅鍜治橋駐車場を出発し、西浦和とさいたま東の2つの営業所を順番に訪問。普段撮影しにくい車両を中心に、じっくり写真撮影できる時間が設けられます。車両は当日のお楽しみとのことです。

 移動に使われる車両は行きと帰りで異なり、国際興業の観光バスと、深夜急行バスに用いられる、会社唯一のV8エンジン車両が用意されます。

 昼食は「ロイヤルパインズホテル浦和」のランチビュッフェを楽しめます。

 開催日は12月13日(日)および19日(土)。ツアーの料金は大人14800円で、GoToトラベル支援事業により実際の支払いが9620円に割引されるほか、地域クーポン2000円分が付きます。募集定員は22名です。申込は、11月10日12時より、専用のWebサイトから行います。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント