西武も終電繰り上げへ 主要路線で概ね20~30分早く 2021年春ダイヤ改正

平日も土休日も対象です。

Large 201109 seibu 01
西武鉄道が2021年春のダイヤ改正で終電の繰り上げを実施する(伊藤真悟撮影)。

 西武鉄道は2020年11月9日(月)、終電の繰り上げを中心としたダイヤ改正を2021年春に実施すると発表しました。

 実施路線は山口線と多摩川線を除く全線です。主要路線の終電を上下線とも概ね20~30分繰り上げます。

 西武鉄道が検討している終電繰り上げの時刻は次のとおり。

●池袋線池袋駅の平日下り
・飯能行:現行0時09分発→改正後23時52分発
・小手指行:0時44分発→0時14分発
・保谷行:0時45分発→0時18分発

●新宿線高田馬場駅の平日下り
・本川越行(拝島行きに接続):0時01分発→23時46分発
・新所沢行:0時47分発→0時18分発
・上石神井行:0時50分発→0時20分発

 平日下りのほか、上りや土休日も終電時刻が変更される予定です。一方で初電の繰り下げは計画されていません。なお、時刻は検討中であり、今後変わる場合があるといいます。詳細は2021年1月頃に発表される予定です。

 西武鉄道によると、終電繰り上げの目的や背景として、現在2~3時間程度しかない夜間作業時間の拡大や、新型コロナウイルス感染拡大の影響で特に深夜の利用が減っていることを挙げています。深夜の利用に関しては、コロナ前の2019年11月と比較すると、直近(2020年10月1・2週)の23時以降の利用者は、5~6割程度にまで減っているということです。

【了】

【一覧】池袋・高田馬場の行先別終電時刻

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント