ダイハツ「ハイゼット」生誕60周年 特設サイトで歴代モデル一挙公開

街中で見かけたことがある軽自動車界のベストセラーに特設サイトが登場!

 ダイハツの軽商用車である「ハイゼット」が2020年11月、60周年を迎えました。同車はダイハツ初の軽四輪車(360cc)として1960(昭和35)年11月に初代が発売。当初はボンネットトラック(ピックアップトラック)型のみでしたが、翌1961(昭和36)年にはボンネットバン型も登場し、「ビジネスとレジャーを結ぶニューファミリーカー」として、好評を博したとのこと。

 それから60年、現行モデルは2004(平成16)年に発売した10代目で、いまではOEM(相手先ブランド製造)として、トヨタやスバルで「ピクシス」および「サンバー」として販売されています。

Large 201110 hijet 01

拡大画像

現行10代目の「ハイゼットトラック」(画像:ダイハツ)。

 ダイハツでは60周年を記念して特設サイトを開設。初代から現行の10代目までを一挙に振り返ることができるようになっているほか、「ハイゼット」の源流となった「ミゼット」も掲載しています。

 いつからキャブオーバー型に姿を変えたのか、排気量が660ccになったのは何代目からかなどを一覧で見ることが可能です。

【了】

【写真】何代目が好み? 歴代の「ハイゼット」の顔つき

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント