品川のランドマーク「シナガワ グース」今年度末の閉館 順次解体が決定 京急

跡地の共同開発相手は「トヨタ自動車」です。

 京急電鉄が2020年11月11日(水)、品川駅の高輪口(西口)にそびえる「シナガワ グース」(東京都港区)を2021年3月末に閉館し、順次解体に着手することを11日開催の取締役会で決定したと発表しました。

「シナガワ グース」跡地について京急電鉄は、トヨタ自動車と共同で再開発し、羽田空港が近くリニア中央新幹線も通る「国際交流拠点・品川」にふさわしい複合施設を建設することなどを計画しています。

Large 201112 shinagawa 01
中央右にある「く」の字状の建物が「シナガワ グース」(画像:京急)。

「シナガワ グース」の建物は1971(昭和46)年6月に竣工。「ホテルパシフィック東京」「京急EXホテル品川」などとして使用されてきました。品川駅の西側にそびえる地上29階、地下3階建ての建物で、同駅周辺におけるひとつのランドマークになっています。

【了】

【画像】「シナガワ グース」跡地に誕生する複合施設

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント