沖縄「美ら海」を空からじっくり見られる遊覧飛行 JTAが実施へ 「GoTo」も対象

歴代CA制服の披露もあるそうです!

 JAL(日本航空)グループで、沖縄県を拠点とするJTA(日本トランスオーシャン航空)は2020年11月13日(金)、沖縄本島や周辺の島々を上空から楽しめるスペシャルフライト「JTAで行く美(ちゅ)ら島遊覧飛行」を12月20日(日)に実施すると発表しました。

Large 201114 jta 01

拡大画像

JTAの「ジンベエジェット」(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 この遊覧フライトは那覇空港を発着し、フライト時間は2時間弱。使用予定の飛行機はボーイング737-800型機の「ジンベエザメ」を模した特別塗装機「ジンベエジェット」です。ルートは沖縄本島中北部、沖永良部、伊江島、久米島を巡るルートと、宮古島上空を飛行し那覇空港に戻るルートのふたつで、当日の天候を見て判断するとのことです。1人当たりの料金は1万円から5万9600円。ただし、政府主導の旅行促進策「GoToトラベル」キャンペーンによる割引の対象です。

 この遊覧飛行の機内では、パイロットによる「ジンベエジェット」誕生ストーリーや飛行機の豆知識などを解説するほか、JTAの歴代制服を着用したCA(客室乗務員)が同行します。また、国内では沖縄に拠点を置くハンバーガー店「エイアンドダブリュ」の沖縄特製サンドイッチBOXやお土産も用意されるとのことです。

【了】

なんだこれかわいい… 「JTAで行く美ら島遊覧飛行」お土産のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント