「ホームタウン高崎」もバッジに 国鉄型特急185系の惜別企画開始 車両柄マスク発売も

ヘッドマークピンバッジで185系トートバッグをカスタマイズ。

Large 201117 jre185cp 01
2021年春に定期運用を終える185系電車(画像:JR東日本)

 JR東日本東京支社・横浜支社は2020年11月17日(火)、特急「踊り子」などに使用している185系特急形電車の歴史を振り返る企画「メモリアル185(EXPRESS TRAIN MEMORIAL 185)」を実施すると発表しました。

 1981(昭和56)年に営業運転を開始した185系は、現在、JR東日本では定期列車で使われている最後の国鉄型特急車両です。2021年春のダイヤ改正で「踊り子」や「湘南ライナー」などの車両がE257系特急形電車に置き換わり、40年続いた185系の定期運用は終了します。

 18日(水)14時にオープンする特設サイトでは、185系の歴史や車両図解、ヘッドマーク占い(12月以降)、動画(2021年1月以降)などを掲載。コンビニ「NewDays」などでは185系デザインのトートバッグ(税込2980円)や、「おはようとちぎ」「ホームタウン高崎」「白根」「新幹線リレー号」「普通」「試運転」などといった、組み合わせられるヘッドマークピンバッジ(各440円)を発売します。

 このほか卓上カレンダー(1000円)、クリアファイル(400円)、リングノート(990円)、キーホルダー(6種各550円)、マスク(ケース付き2種各770円)などのグッズも東海道線や高崎線、宇都宮線(東北本線)のNewDays指定店舗で展開する予定です。2021年1月には、185系「踊り子」のオリジナル掛け紙を使った駅弁の発売も予定されています。

【了】

【画像】緑ストライプをあしらった185系マスク

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント