語り継がれる名車「スカイライン」その名はどう生まれたか?ブリヂストン創業者も関係

日産「スカイライン」が「日本ネーミング大賞2020」で優秀賞を受賞。60年以上の歴史を持ち、その名が語り継がれる名車のはじまりは、どんなものだったのでしょうか。ブリヂストン創業者も関係しています。

63年の歴史を持つ「スカイライン」

「SKYLINE(スカイライン)」が「日本ネーミング大賞2020」で優秀賞を受賞したと、2020年12月2日(水)、日産が発表しました。

 日産の執行役副社長である星野朝子さんは、「60年以上をも受け継がれる『スカイライン』のネーミングが、今も魅力を放っている、と認めていただいたことは、『スカイライン』を愛し、育ててくださった日本のお客さま、そして、このモデルに情熱を注いできた仲間たちの熱い想いの賜物です」と話します。

Large 201204 skyline 01

拡大画像

現行「スカイライン」400R(画像:日産)。

「スカイライン」は日産で最も長い歴史を持つプレミアムスポーツセダン。1957(昭和32)年に富士精密工業(のちのプリンス自動車工業)の主力乗用車として生産・販売が開始されました。

 その後、プリンス自動車工業と日産自動車が合併した1966(昭和41)年以降も「スカイライン」の名は日産自動車が引き継ぎ、現在のモデルは13世代目になります。

【写真】歴史の始まりになった初代「スカイライン」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 「飛び恥」という造語は日本では定着していませんが今は国内線は減便していないのですか?幹線に大型機を投入して頻度を間引けば経費節減になるしダイヤ担当も楽になりそうなものですが。

    • 誤爆失礼