小田急ロマンスカー3000形「SE」の部品(本物)が椅子や時計に変身

「ロマンスカーミュージアム」先行体験会も当たります!

 2021年4月に開業予定の小田急「ロマンスカーミュージアム」。そこに展示される予定のロマンスカー3000形「SE」の実際のパーツを使ったアイテムの販売が、2020年12月11日(金)から、小田急ロマンスカーの特設サイトで始まりました。

Large 201214 se 01
小田急ロマンスカー3000形「SE」(画像:小田急エージェンシー)。

 車両の装備品を製品化し、思い出を共有するプロジェクト「Romancecar Memorial Parts Project vol.3」の第1弾アイテム。ミュージアムで展示されるものではない車両から取り外したパーツが、天童木工などとのコラボによって、4種類8アイテムに生まれ変わっています。

・「SE・ウッド・ダイニングチェア」:6万円
・「Super Express キッズチェア(大)」:6万円
・「Super Express キッズチェア(小)」:5万5000円
・「SE・ウッドハンガー」:4万円
・「SE・ロマンスウォッチ1~4」:2万円

 価格は全て税込み。購入者全員に「購入証明書」が渡されるほか、合計7万円(税込み、配送料別)以上の購入で、100名が抽選で「ロマンスカーミュージアム」先行体験会へ招待されます。

【了】

【写真】ロマンスカー「SE」のパーツ(本物)で椅子・ハンガー・時計を作ってみた

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント