あたるリュック・髪の毛の不快感… 電車ドア横の席へ過剰にもたれかかる人へ対策

ロングシートの端、ドア横の席。立っている人のリュックや髪の毛などがあたることがあります。横須賀・総武快速線の新型車両「E235系1000番台」では、この不快感への対策が行われました。

山手線バージョンから進化

 JR東日本の横須賀・総武快速線に、2020年12月21日(月)から新型車両「E235系1000番台」が登場する予定です。

 その普通車は従来のE217系電車と比べ、乗降用ドアや荷棚などの上に液晶モニターが備えられ、案内などの情報量が大幅にアップしたほか、各車両へのフリースペース設置、座席幅の10mm拡大といった改良が施されています。

 また実際にその普通車内を取材したところ、E217系と比べ「明るいこと」も印象的でした。

 このE235系は、すでに山手線でも走っていますが、横須賀・総武快速線のE235系1000番台は、ドア上モニターが17インチから21インチへ大きくなっているのも特徴です。

Large 201217 e235 01

拡大画像

新型車両「E235系1000番台」の普通車(2020年12月11日、恵 知仁撮影)。

 座席の端にある仕切り壁も、山手線のものとは変わりました。より高くしたとのこと。

 ドア横に立って仕切り壁にもたれかかる人のリュックや長い髪の毛が、仕切り壁を越えて座っている人にあたることによる不快感を考えたものといいます。

 この新型車両「E235系1000番台」は今後、4年かけて745両が投入され、従来のE217系を置換える予定です。

【了】

【写真】まるでアニメ!? 異常状態になり一斉変化した車内モニター《JR東日本初》

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to たかゆき Cancel reply

1件のコメント

  1. 仕切りを高くしのは良いのですが、先細りにしたのでは‥あまり意味がない気がします。