SLの音「カセットテープ」で楽しんで 令和の時代に東武が製作 再生環境ない人にも配慮

テープは全4種類で、うち1種類は販売されます。

Large 201217 tobucassette 01
「SL大樹」(画像:東武鉄道)。

 東武鉄道とティアックは2020年12月16日(水)、オーディオカセットテープにSL(蒸気機関車)の音を収録してプレゼントする「SL大樹乗車キャンペーン」を実施すると発表しました。

 録音媒体は、SLやDL(ディーゼル機関車)と同じく昭和の時代に活躍した懐かしのカセットテープを採用。鬼怒川線を走る観光列車「SL大樹」のドラフト音(機関車の煙突から出る排気の音)、走行音、車内アナウンスなどを収録したカセットを3種類(それぞれ約30分収録)、各300本用意し、期間ごとに配布します。

 配布対象は「SL大樹」「DL大樹」の車内で配られる、異なるデザインの記念乗車証4枚を集めた人です。下今市駅構内のSL展示館に持参すると、その期間のカセットが渡されます。期間は1回目が2021年1月16日(土)から、2回目が2月20日(土)から、3回目が3月26日(金)からです。配布は各期間ともカセットがなくなり次第終了。なくならなかった場合は、5月末まで延長されます。

【写真】フォント、色使い…いかにも昭和っぽい「SL大樹」カセット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 記念乗車証…どこにしまったかな…

  2. あえてカセットにするとは、ニクいね。
    爪にセロハンテープを貼らないように気をつけないと...