時刻表×飲料自販機×広告のサイネージ広電に登場 伊藤園が費用負担 広告収益は広電

「3方良し」な仕組みかも。

Large 201217 mm 01
広島電鉄の車両(画像:写真AC)。

 安川電機グループのYE DIGITALは2020年12月17日(木)、広島電鉄の広電西広島電停にて2021年1月から、飲料自動販売機とIoTデジタルサイネージを一体化したモビリティサイネージクラウド「MMvision」を運用すると発表しました。

 サイネージには時刻表や公共交通の運行情報のほか、広告などをリアルタイムに表示できるといいます。時刻表などの掲示物の管理やデータ更新を遠隔操作で行えるといい、各種のメンテナンス負担も軽減されるそうです。

 今回は、設置にかかる費用を「自販機の設置コスト」として伊藤園が負担。飲料の売上から初期投資費用の回収を図り、デジタルサイネージの広告収入は広電の収益になるといいます。こうして広告で公共交通事業者の新たな収益源を創出するということです。

 YE DIGITALによると、政府のビジョンでも公共交通の維持発展が欠かせないとされるなか、公共交通業界はコロナ禍による輸送人員減少により、新規の投資余力が落ち込んでいるといいます。同社は「MMvision」の導入事例を積み重ね、「お客様利便性の拡充と公共交通ネットワークの発展に貢献して参ります」としています。

【了】

【画像】自販機一体型デジタルサイネージのビジネスモデル

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント