タンクローリー「しっかり塗装」「ピカピカ無塗装」なぜ違う? どちらも意味アリ

タンクローリーには、タンクが塗装されたものと、無塗装でピカピカのものがあります。何が違うのでしょうか。「しっかり塗装」「鏡のようにピカピカ」、どちらにも大きな意味がありました。

タンクの塗装も毎日チェックするけど…

 ガソリンを運ぶタンクローリーのタンクは、石油会社のロゴなども含め、しっかりと塗装されていますが、一方で、鏡のごとくピカピカに磨かれたシルバーの無塗装タンクを搭載したものも見られます。なぜこのような違いがあるのでしょうか。

Large 201221 tank 01
無塗装タンクローリーと塗装された石油ローリー(画像:vacclav/123RF、乗りものニュース編集部)。

 タンクローリーの場合、タンクの材質には鉄が広く使われます。鉄の場合、塗装は美観だけでなく耐久性や錆びの防止、さらには外部からの熱を抑制するためにも重要で、タンクローリーにおいては日々の車両点検で、タンクの塗装はがれなどがないかを目視で確認することが要領として記載されています。

 一方で無塗装タンクは、アルミやステンレス製のものに見られます。タンクローリーのメーカーである極東開発工業によると、ステンレス製の場合、その用途は乳などの食品を運ぶ車両、あるいは飲料水を積む給水車など。これらは逆に、錆びや塗装はがれなどの不純物が混入すれば一大事になるため、腐食に強く、錆びにくい材質が求められるというわけです。

 また、ステンレスタンクは、ピカピカに磨くことで耐久性もアップするといいます。これらは食品工場などに出入りする関係上、美観を保つため、タンクも含めてクルマをきれいにしている傾向があるといいます。

 ちなみに、ステンレス製タンクのローリーは食品関連だけでなく、「毒物及び劇物取締法」に基づく「毒」マークのローリーにも多いとのこと。鉄を腐食させる物質を運ぶケースもあるからだそうです。

【了】

【写真】あおるな危険? 「毒」「危」どっちもついたタンクローリーの意味

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント