極めて珍しいアルファベット入り駅名「YRP野比」 なんて読むの? どこにあるの?

「JR難波」や「JR総持寺」などJR西日本の「JR〇〇」といった駅を除くと、アルファベット入りの駅名は珍しいものです。中でも特徴的なのは京急久里浜線の「YRP野比」駅。「YRP」は何を意味するのでしょうか。

「JR〇〇」を除き珍しいアルファベット駅名

 日本の鉄道駅名は、漢字やひらがなで表記されるものが大半です。しかし近年はJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」などに見られるように、カタカナを用いたものも増えています。これらは周辺の施設や再開発地区の名前にちなんで付けられることが多いです。

Large 201029 yrpnob 01
京急線で使用されている2100形電車(画像:photolibrary)。

 アルファベットを用いた駅名も少数ながら存在します。関西本線の「JR難波」、東海道本線の「JR総持寺」など、JR西日本の路線には「JR」を冠する駅がありますが、「JR」以外だと、京急久里浜線に「YRP野比(わいあーるぴーのび)」という駅が。「野比」は周辺の地名ですが、「YRP」は何を意味しているのでしょうか。

 結論をいうと、「YRP」は情報通信技術の研究開発拠点「横須賀リサーチパーク(Yokosuka Research Park)」の略です。駅北西方向にそのエリアが広がっています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「横須賀リサーチパーク」のほうがカッコイイし分かりやすい。