アメリカ海軍 史上初の女性空母艦長「エイブラハム・リンカーン」で誕生

ヘリコプター・パイロット出身の女性空母艦長が2021年夏、誕生します。

Large 210104 usnavy 02

拡大画像

2006年3月、太平洋上において海上自衛隊の護衛艦「きりしま」「はたかぜ」「はるさめ」とともに訓練を行う空母「エイブラハム・リンカーン」。いちばん手前はアメリカ海軍のイージス駆逐艦「ステザム」(画像:アメリカ海軍)。

 アメリカ海軍太平洋艦隊は2020年12月27日(日)、原子力空母「エイブラハム・リンカーン」において、同国では初となる女性の空母艦長が誕生すると発表しました。

 米空母初の女性艦長になるのはエイミー・バウアーンシュミット大佐。彼女はウィスコンシン州ミルウォーキーの出身で、1994(平成6)年5月にアメリカ海軍士官学校を卒業したのち、1996(平成8)年にヘリコプターパイロットとしての活動をスタートしています。

 また、これまでに第70海上攻撃ヘリコプター飛行隊(HSM-70)の飛行隊長や、ドック型輸送揚陸艦「サンディエゴ」(LPD-22)の艦長などを務めてきたとのこと。

 バウアーンシュミット大佐は今後、原子力工学や各種艦載機の運用法など、空母艦長として必要なことを学んだのち、2021年夏に「エイブラハム・リンカーン」の艦長に就任する予定です。

【了】

【写真】エイミー・バウアーンシュミット大佐

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 普通アメリカ海軍の空母艦長は航空機の挙動を考慮した操艦を行うため、戦闘機ないし攻撃機パイロット出身のはすだが。これも規制緩和?ちなみにアメリカ海軍の空母艦長がパイロット経験者出身というのは遅くても1930年代までには法律で決まっていたらしい(だから1930年代に空母の艦長になりたくて、50歳の手習いで無理矢理パイロットの資格を取った人もいた。1941年12月当時のエンタープライズ艦長)