エミレーツ 新プレミアムエコノミーを備えたエアバスA380をドバイ~ロンドン線に投入

「空飛ぶ宮殿」の異名を持つ機内設備がさらに進化!

 アラブ首長国連邦のドバイに本拠を構えるエミレーツ航空は、2021年1月4日からドバイ~ロンドン・ヒースロー間に、新型シートを備えた新たなエアバスA380型機を就航させました。

Large 210105 emirates 01

拡大画像

エミレーツ航空のエアバスA380型機(画像:エミレーツ航空)。

 最大のポイントは、より快適さが増した「プレミアムエコノミー」で、シート配列は横2-4-2とされ、合計56席が用意されるとのこと。シートピッチは最大40インチ(1016mm)あり、座席部分の横幅も19.5インチ(495.3mm)採られているといいます。各座席はクリーム色の染色防止加工が施された本革製で、ヘッドレストは6方向に調整が可能なほか、フットレストやレッグレストも備えています。

 各座席には各種機内コンテンツを楽しむための、13.3インチのマルチディスプレイがあり、充電ポートやダイニングテーブル、サイドテーブルなども標準で用意されています。

 プレミアムエコノミー以外にもファーストクラスやビジネスクラス、エコノミークラスのすべてにおいて快適性が向上しているそうで、ファーストクラスにはエミレーツ航空の名物のひとつとされる機内シャワースパが用意されています。

【了】

【写真】エミレーツ自慢のプレミアムエコノミー&機内シャワースパ!

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント