カッコいいけど中途半端じゃ!? エンジン3発のジェット旅客機 なぜ生まれたのか?

現代では、エンジン2発の旅客機が主力ですが、これと置き換えられたのは4発機だけではなく、3発機も同様です。3発機は4発機よりパワーが、双発機より環境性能や燃費が劣り、操縦もこれらとは特性が異なるのに、なぜ生まれたのでしょうか。

DC-10や「トライスター」でお馴染み

 たとえばボーイング787型機やエアバスA350XWBシリーズに代表されるような、近年主力となっているジェット旅客機は、エンジン2基を装備する双発機が主流です。ボーイング747やエアバスA380などといった4発機も生産の完全終了が近づいている状態で、旅客型に関しては、どんどん双発機への置き換えが進んでいます。

 ただ、これより珍しいといえるのが、エンジンを3基備えた、いわゆる「3発機」でしょう。かつてはボーイング727やダグラスDC-10、「エルテン」の愛称で航空ファンに親しまれたロッキードL-1011「トライスター」、ツポレフTu-154など、全世界で隆盛を誇ったレイアウトですが、2021年現在では、旅客型では滅多に見ることができません。

Large 210107 tri 01
JALのダグラスDC-10(画像:JAL)。

 3発機や4発機が次々に双発機に置き換えが進んだ原因はほぼ同じようなものです。かつて双発機は、長距離国際線など、近くに空港のない洋上飛行で旅客便を運航することができませんでしたが、エンジン自体の信頼性があがったことで、この制限が緩和されました。エンジンの少ない双発機の方が、燃料消費量が少ないなど経済的に強みがあるため、隆盛を極めるようになったのです。また、技術の進歩によるエンジンパワーの向上にともなって、3基分のエンジン出力を2基で賄うことができるようになったのも一因です。

 では3発機は、なぜ生まれ、どうして過去のものとなったのでしょう。3発機のデザインは見た目こそイケてると感じる人も多いかもしれませんが、垂直尾翼の一部をエンジンが占領するので、重量バランスも双発機や4発機よりもシビアであり、モデルによっては操縦にも癖が強いという特性があります。

 では、少し時計の針を戻して、ジェットエンジンの歴史から遡って見てみましょう。

【思わず2度見不可避】前脚ズレてますよ!? 「トライデント」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. とても興味をそそる内容でした。三発機はほんと、カッコいいですよね。
    ただ、本文内容が難解だったかもしれません。
    プロペラ機がジェットエンジンという表現やターボファンの説明は、知識がないと理解できないかと思います。
    また、随所に四発機との対比が書かれてますが、しっくりきませんでした。
    旅客需要がそんなに大きくない洋上飛行路線に三発機が好まれた、なんて表現でもよかったかもしれません。
    最後に、なぜ貨物機では今でも三発機が使われてるのでしょう?この辺も掘り起こしてほしかったです。
    とやかく文句を言ってしまいましたが、三発機大好きです。そんな機体のお話を読めて胸熱でした。

  2. 貨物機で3発が(一部の航空会社で)愛用されてるのは
    ・出来るだけ貨物を効率的に多く載せたい
    ・整備士がその機体に慣れてる
    てのがあると思います。「出来るだけ安全を」というのならどうしても最新鋭機に特に旅客機はなりがちですが、旅客機300人が乗せてる命の値段>貨物機が乗せてる貨物の値段てのもあるので経年機でも……ですし、例えばシンガポール~ニューヨークなら旅客機ならA350-900ULRで直行便で飛ばしたいですが、貨物機ならMD11やB747カーゴで香港・上海・仁川や関西・成田・アンカレッジなどを経由して経由地で荷物乗せ降りした方が効率良いですからね。3発機ならそれなりの距離稼げますし。
    また整備士が慣れてるならなんかあった時も整備情報をオンラインで流せますし自分たちが行くことも出来る、中古機ならそもそも新鋭機と比べたら安価ですし。