後席シートベルト着用率 ワーストまたも沖縄 一般道1割台 高速でも3割 大阪も低い

JAFと警察庁が全国で実施したシートベルト着用状況の調査で、後席乗員の着用率において沖縄県がワースト、大阪府も低い結果が出ました。沖縄の着用率は、全国平均よりも大幅に低い状況が続いています。

全国では過去最高の着用率 しかし…

 JAF(日本自動車連盟)は2021年1月14日(木)、警察庁と合同で前年10月から11月に実施した「シートベルト着用状況全国調査」の結果を公表しました。

 全国887箇所での調査の結果、運転席の着用率は一般道で99.0%(前年比0.2ポイント増)、高速道路(自動車専用道など含む)で99.7%(同0.1ポイント増)、助手席においてもそれぞれ96%を超える結果になりました。

Large 210114 belt 01
シートベルトは全席で着用義務(画像:写真AC)。

 一方、後席でのシートベルト着用率は、前席と比べて大幅に下がります。一般道では40.3%(同1.1ポイント増)、高速道路で75.8%(同1.7ポイント増)でした。

 それぞれ2002(平成14)年の合同調査から過去最高を更新してはいるものの、JAFは「後席でのシートベルト着用の重要性が十分に認識されていないことを改めて示す結果となりました」としています。

【2020最新版】都道府県別の後席シートベルト着用率

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 百歩譲って一般道ならともかく、高速道路でシートベルトしないとは怖くないのかね?クスリでもやってんのかな。衝突や横転したら車外放出必至だよ。
    そういう人(地域)とは、自動車保険料とかも区別してもらいたいわ!