羽田空港に実在「摩訶不思議自動販売機」 中身はどんなもの? そもそもなぜ摩訶不思議

ちょっと脳の処理が追い付かなくなりそうなものもありました。

1タミ&2タミの両方に設置

 羽田空港の国内線が発着する第1ターミナル、第2ターミナルには、一般的なイメージとは大きくかけ離れた、ユニークな自動販売機が存在します。どういったものがあるのでしょうか。

Large 210113 hnd 01

拡大画像

羽田空港(画像:写真AC)。

 通常、自動販売機で売られているものは飲み物やアイスクリームなどが一般的です。たまに見かけるものとして挙げられるのが、菓子やカップラーメンなどでしょう。ところが羽田空港では、りんごや柿、焼き芋などの食材のみが入っているもの、自ら組み立てる「DIY」の木製模型を売るもの、さらには小物、いわゆる「ガチャガチャ」の自販機まで。

「ガチャガチャ」は、ある意味カプセルトイの自販機と言えなくもないのですが、羽田空港のものは大型の四角い自動販売機で飲み物のように売る形であり、他ではまず見ない販売の仕方です。ほかにも秋田犬のグッズのみが並ぶもの……など、まさにここでしか見られないような自販機が並んでいます。

 また、販売されているもの自体は、予想しうる範囲内に収まるものの、販売方法や内容がユニークなものもあります。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 国際空港の出発ロビーかどこかにあるガチャガチャは意地汚いと思われてるだろうな…

  2. 国際線は各国で余った硬貨を使わせるために自販機や店舗でも硬貨を使わせるように半端な値段の物が売ってる、まぁ出国審査後は免税ってのもあるけどね。