ANA巨大機A380「フライングホヌ」遊覧チャーター 春休みに2度実施! 飛行時間もたっぷり

申し込み、いよいよ始まりました!

申し込みは3日13時から

 ANA(全日空)は2021年2月3日(水)、同社が保有する総2階建て機、エアバスA380型機「フライングホヌ」を活用した遊覧チャーターフライト企画を、3月20日(土)と29日(月)に2度実施すると発表しました。

Large 210203 a38 01

拡大画像

A380型機「フライングホヌ」チャーターフライト第1弾の様子(2020年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

「フライングホヌ」を用いて、遊覧チャーターを実施するのは約3か月ぶりとなります(初日の出フライトを除く)。春休み期間にあわせて実施されるもので、両日とも成田発着で約3時間半、フライトの予定です。ANAによると「オリジナルグッズのお土産に加えて、ハワイアンミュージックでお出迎えした機内では、ホノルル線でご提供している機内食に春らしいデザート、ホノルル線限定のスペシャルドリンクなどをご用意しています」とのこと。

 申し込みは3日の13時から開始され、ひとりあたりの旅行代金は3万4000円(エコノミークラス通路側)から10万2000円(ファーストクラス)です。申し込みは専用サイトから行います。なお、20日のフライトは「ハワイの海」の2号機、29日のフライトは「ANAブルー」の1号機が担当する予定です。

【了】

実は寝れちゃう! ANA「フライングホヌ」の座席

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント