ボーイング 米空軍向けT-7A「レッドホーク」新型練習機 生産スタート

空自の次期練習機開発にも影響を与えるのでしょうか。

F-35を想定した訓練が可能な次世代練習機

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングは2021年2月23日、アメリカ空軍向けの新型ジェット練習機T-7A「レッドホーク」の国内製造部分の生産が始まったことを明らかにしました。

 T-7A「レッドホーク」は、ボーイングがスウェーデンの航空機メーカーであるサーブとタッグを組んで開発した単発エンジンの2人乗り練習機です。

Large 210302 t7a 01

拡大画像

アメリカ空軍の次期高等練習機T-7A「レッドホーク」(画像:ボーイング)。

 試作機は2016(平成28)年12月20日に初飛行し、2018年9月に現用のT-38「タロン」高等練習機の後継としてアメリカ空軍が採用を決定、その際に空軍とのあいだで、351機と地上訓練用シミュレーター装置46基を総額92億ドル(1ドル105円換算で9660億円)で納入する契約を結んでいます。

 なお、ボーイングの発表では、T-7Aの胴体後部の生産はサーブが受け持っているということです。

【了】

【写真】液晶モニターがズラリ 最新T-7Aのコックピット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント