米空軍新ジェット練習機は「スマホ」 ボーイング×サーブの最新鋭機、いずれ日本にも

米空軍の新ジェット練習機が決まりました。開発したサーブのスタッフが、他社候補機との違いをガラケーとスマホにたとえたとのことで、そのココロがどこにあるのかなどを解説します。もちろん、日本もまったく無関係な話ではなさそうです。

米空軍新型ジェット練習機選定、ボーイング×サーブが勝利

 アメリカ空軍は2018年9月27日(木)、現在同空軍が運用しているジェット練習機T-38「タロン」を後継する新練習機として、ボーイングとサーブが共同開発した新型練習機を採用すると発表しました。

Large 181001 tx 01

拡大画像

アメリカ空軍の次期練習機「T-X」に採用された、ボーイングとサーブが共同開発した新型練習機の試作機(画像:サーブ)。

 ノースロップ(現ノースロップ・グラマン)が開発したT-38は、アメリカ空軍の空対空戦闘訓練で仮想敵機(アグレッサー)として使用されるほど飛行性能が高く、また整備のしやすい設計を採用したことから稼動率も高い、航空史に名を残すであろう傑作練習機ですが、1950年代に設計されたため、多機能ディスプレイを備えたF-16以降の戦闘機の訓練には適しておらず、また生産終了(1972〈昭和47〉年)から40年以上が経過しているため、機体の老朽化も進んでいました。

 このためアメリカ空軍は一部の機体を、多機能ディスプレイを使用するグラスコクピットに変更した改良型のT-38Cに改修した上で、主翼の換装による運用寿命の延長も行なっていますが、将来的には後継機が必要となることから、2015年3月20日にT-38を後継する新練習機「T-X」の選定作業を開始しました。

Large 181001 tx 02 Large 181001 tx 03 Large 181001 tx 04

拡大画像

拡大画像

アメリカ空軍が現在運用しているT-38C練習機(画像:アメリカ空軍)。
ロッキード・マーチンがT-Xに提案したT-50A練習機(竹内 修撮影)。
レオナルドがT-Xに提案したT-100練習機(竹内 修撮影)。

 T-Xには今回採用されたボーイングとサーブが共同開発した新型機のほか、ロッキード・マーチンが、同社と韓国の航空機メーカーKAI(Korean Aerospace Industry)の共同開発したT-50練習機をベースとするT-50A、イタリアのレオナルドのアメリカ法人が、レオナルドの開発したM-346練習機をベースとするT-100を、それぞれ提案していました。

 T-50は韓国空軍のほかイラク空軍、インドネシア空軍、タイ空軍、M-346はイタリア空軍のほかシンガポール空軍、ポーランド空軍、イスラエル空軍、トルクメニスタン空軍にそれぞれ採用されています。また性能面でもT-38の後継機となるだけの能力を備えていたと筆者(竹内修:軍事ジャーナリスト)は思います。そうであるにもかかわらず、アメリカ空軍がボーイングとサーブの新型機を採用したのは、おそらくこの新型練習機が、従来の練習機とは一線を画する斬新なものであるからでしょう。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181001 tx 07
  • Thumbnail 181001 tx 01
  • Thumbnail 181001 tx 02
  • Thumbnail 181001 tx 03
  • Thumbnail 181001 tx 04
  • Thumbnail 181001 tx 05
  • Thumbnail 181001 tx 06

最新記事

コメント