自動運転レベル3の新型「レジェンド」保険どうなる? これからの「メーカーの責任」

量産車で世界初となる「レベル3」の自動運転機能を搭載したホンダ「レジェンド」の新型が発売されました。操縦の主体がドライバーではなく「システム」にあると定義されるレベル3以降の自動運転、保険はどうなるのでしょうか。

自動運転中の事故はドライバーの責任? メーカーの責任?

 ホンダが2021年3月5日(金)に、量産車で世界初となる「レベル3」の自動運転機能を搭載した新型「レジェンド」を発売しました。従来のレベル2までの自動運転と呼ばれる機能は、あくまで「運転支援」の範囲であり、操縦の主体はドライバーにありましたが、レベル3以降は操縦の主体が「システム」にあると定義されています。

 では、保険の扱いはどうなるのでしょうか。

Large 210305 hoken 01

拡大画像

新型「レジェンド」(ホンダの映像より)。

 損保ジャパンによると、レベル3ないしレベル4の自動運転中に発生した事故の場合でも、被害者救済の観点で自賠責保険は補償対象になるといいます。つまり、自動運転車であっても、その所有者などに責任(運行供用者責任)が生じるとのこと。

 ただし、自動運転システムの不具合など、事故の発生に自動車メーカーなどの過失があると考えられる場合、保険会社が被害者に保険金を支払ったうえで、責任割合に応じた保険金を、保険会社から自動車メーカーなどに請求することになるといいます。

 たとえば、自動運転システムの誤作動が原因の死亡事故で、被害者の過失がゼロだった場合、「まずは保険会社が被害者へ保険金の全額をお支払いします。そのうえで、保険会社があとからメーカー側へ責任割合に応じた額を求償する形です」(損保ジャパン)とのこと。この場合、メーカー側はPL保険(生産物賠償責任保険)で支払うのが一般的だといいます。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 運転手の責任にすべきでは?
    機械の信用やったのしすぎも事故の元だと思います。

  2. 運転手の責任にすべきでは?
    機械の信用のしすぎも事故の元だとおもいます。

  3. そもそもが自動運転と言っても、アクセルとブレーキ、ハンドルがあるから、事故が起きても車(メーカー)が責任を取るとは思えないわな。
    事故の直前に車が制御を放棄して、ドライバーに制御を移行させることになるのでは?
    この辺の話は各所で散々指摘されているだろう。