Peach+JR北海道で道東・道北へ 鉄道パス今年も販売 4月まで特価9800円

ピーチの搭乗と組み合わせて利用できます。25歳以下対象の「U25」版も発売継続。

25歳以下対象の「U25」版も

Large 210308 kita 01
PeachとJR北海道がタイアップ(画像:ピーチ/写真AC)。

 JR北海道は2021年3月11日(木)、ピーチの搭乗券の購入客限定で購入できるフリーきっぷ「Peach ひがし北海道フリーパス」「Peach きた北海道フリーパス」を2021年度も発売すると発表しました。また、12歳以上25歳以下は割引「U25設定」の対象となります。

 また、昨年秋からは北海道外からの観光需要の回復をめざし、通常価格の最大4割引きとなる、特別価格9800円で販売されていますが、この特別価格での発売期間が3月末から4月21日(水)まで延長されます。

きっぷの概要
●Peachひがし北海道フリーパス
・価格:16380円(子ども半額)
※12歳以上25歳以下は12680円
※4月21日までは特別価格9800円(子ども半額)
・有効期間:5日間
・発売箇所:新千歳空港駅、釧路駅、北見駅、網走駅

●Peachきた北海道フリーパス
・価格:13150円(子ども半額)
※12歳以上25歳以下は10520円
※4月21日までは特別価格9800円(子ども半額)
・有効期間:4日間
・発売箇所:新千歳空港駅

 いずれのきっぷも有効期間の開始日は搭乗当日か翌日です。購入時は、Peach対象便の登場時に配布される搭乗券を、到着した空港に近い発売箇所(釧路空港到着便の場合は釧路駅など)で呈示します。

「ひがしパス」は函館本線(小樽~旭川)や石北本線、釧網本線、石勝線、根室本線、富良野線などで、「きたパス」は函館本線(小樽~旭川)や宗谷本線、富良野線、留萌本線などで使えます。利用できる列車は、フリーエリア内の特急、普通列車(快速含む)の普通車自由席です。

 両パスとも特典として、空港連絡バスやレンタカー、施設の割引などが用意されています。

【了】

【路線図】「きたパス」「ひがしパス」の乗り放題区間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント