井の頭線の全駅に「傘のシェアスタンド」設置 1日70円 月額プランも

傘もシェア・サブスクの時代に?

スマホで利用・支払いの「傘シェア」

Large 210308 kasa 01

拡大画像

新たに井の頭線の全駅に設置される「アイカサ」(画像:京王電鉄)。

 京王電鉄は2021年3月10日(水)、傘のシェアリングサービス「アイカサ」のシェアスタンドを、井の頭線の全駅に17日(水)から設置すると発表しました。

「アイカサ」はシェアスタンドのどこでも傘を借り、返却できるサービスで、スタンドの操作や料金支払いなどは専用アプリから行います。

 利用料金は、24時間70円(税込)。課金後は24時間以内であれば何度でも利用可能です。また、月額280円で使い放題となります。

「アイカサ」はNature Innovation Groupが2018年12月にサービス開始。全国にシェアスタンドの設置を拡大中で、現在鉄道駅では小田急や西武、みなとみらい線、阪神、近鉄、西鉄などの一部線区の各駅に設置されています。

【了】

【山手線の「傘シェア」設置状況】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント