京王線の新宿~笹塚間は、なぜカーブが続くのか

京王線の新宿~笹塚間はその区間に駅がないにもかかわらず、カーブの多い区間を走るため、途中2駅に停車する京王新線の新宿~笹塚間と所要時間はあまり変わりません。なぜ京王線はこのようなルートになったのでしょうか。

甲州街道の下をまっすぐに走る京王新線

 京王電鉄の新宿~笹塚間は、途中駅のない「京王線」と、途中、初台と幡ヶ谷に停車して新宿駅から都営新宿線に直通する「京王新線」の両線が運行されています。両線とも地下化されており、京王新線は国道20号(甲州街道)の下をほぼまっすぐに走る一方、京王線はその南側を並行してウネウネと走ります。

160803 keiohistory 01
京王線は国道20号の南側地下を蛇行するように走っている(画像出典:OpenStreetMap)。

 このためか、京王線を走る電車に乗ると、減速や遠心力などで、カーブの多い区間を走っていることが体感できます。新宿行の列車では、車掌が「この先カーブが続きますので、お立ちのお客様は手すり、つり革におつかまりください」と放送することもあります。

 この区間の国道20号(甲州街道)は片側3車線以上もあり、上下線の間には首都高の橋脚も設置されている幅の広い道路であることから、京王新線だけでなく京王線も地下をまっすぐに走らせることは十分可能に思えます。

 しかしそれにもかかわらず、京王線があえて南側を走っていることには理由がありそうです。京王電鉄に聞いてみました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. これ確かブラタモリでやっていたような

  2. 京王線は開通当時は軌道(今でいえば路面電車)であったと説明すべき。この記事は不十分。専門のサイトなのに恥ずかしい。

  3. ブラタモリを見ていない人には興味深い記事ですね。
    過去が軌道であったかは、ここでは論点にならないでしょう。
    そもそも上水後地を走るのが軌道と決まっているわけではないのだから、そんな投稿をする方が恥ずかしいのでは?

  4. 京王の歴史を列挙されたところで記事としては読みにくいだけでしょう。オタクの知識自慢は他所でやってくれないかなってのがこのコメントへの正直な感想。

  5. 別にいいじゃん。tagに「トリビア」ついてるんだから

  6. 何にせよ、無知を開き直るのは恥。