超ユニーク「地下トイレ」旅客機も“コロナ退役”か!? ルフトハンザの長~いA340-600

新型コロナ感染拡大により、使用機材の見直しなどを図る航空業界。ルフトハンザでは、A380やボーイング747「ジャンボ」の一部だけでなく、「地下トイレ」をもつエアバスA340-600も退役予定としています。どのような機体なのでしょうか。

全長で「世界最大」だったことも

 新型コロナウイルス感染拡大により航空需要が大きく減ったことで、これまで世界各国で用いられていたいわゆる「大型機」が、地上待機となったり、退役が早まったりしています。

 各国の航空会社で“整理対象”となってしまっている機体で代表的なものが、総2階建てのエアバスA380や、「ジャンボジェット」の名で広く知られているボーイング747のベストセラータイプ、747-400などですが、それ以外にも特徴ある大型機が姿を消すことになりそうです。

Large 210315 a346 01

拡大画像

ルフトハンザ航空のエアバスA340-600(柘植優介撮影)。

 ドイツの大手航空会社、ルフトハンザ航空などを傘下にもつルフトハンザグループは、2020年3月に年次レポートを発表しましたが、そのなかには同グループから8タイプの国際線機材を、近い将来退役させる方針が記されていました。そこに、先述のA380や747-400とともに記載されていたのが、「エアバスA340-600」です。

 ルフトハンザ航空は、エアバス社の4発ジェット機「A340」シリーズを2タイプ保有。ラインナップは、初期タイプのA340-300、そして長胴タイプの派生形、A340-600の2種類で、報告書によるといずれも退役の対象となっています。

 とくにA340-600は、A340シリーズでも、胴体を延長することでキャパシティの増大を図ったタイプで、その全長は約75mと、A380(72.7m)や747-400(70.6m)を上回るロング機です。同機は「ジャンボジェット」の最新派生型、747-8(76.3m)のデビューまで、世界最大の旅客機として記録されていたほど。つまりA340-600は、1階建ての4発機という、いまや珍しい旅客機のスタイルのなかでも、異色の存在といえるでしょう。

【一目瞭然?】ルフトハンザ「長くない方」のエアバスA340

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント