群馬県バス6社 2022年春から交通系ICカード利用OKに 名称は「nolbe」

ICカード名称は群馬弁に由来しています!

前橋駅・高崎駅・太田駅が中心の路線バス

Large 210318 gumaic 01

拡大画像

高崎駅前(画像:写真AC)。

 群馬県内のバス事業者6社が運行する路線バスで、2022年春より地域連携ICカード「nolbe」(ノルベ:正しくは「e」の上にアクセント記号)を利用したサービスの提供が始まります。

「nolbe」はバスの乗車券や定期券などの利用に加え、電子マネーといったJR東日本のSuicaサービスも利用できます。Suicaと相互利用可能な他の交通系ICカードも利用でき、またそれらのカードのサービスエリアでも「nolbe」が使えます。ICカードの名称は、群馬弁で「(バスに)乗る」を意味する「のるべぇ」に由来しています。

 サービス対象は、前橋駅・高崎駅・太田駅を中心にバスを運行する上信電鉄、群馬中央バス、日本中央バス、群馬バス、矢島タクシー、永井運輸の各路線バス。具体的な路線名とサービス開始日は決定次第告知されます。

【了】

【画像】地域連携ICカード「nolbe」の券面デザイン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント