令和の行商列車? 東武東上線の快速急行で野菜輸送→池袋駅で直売 背景に社会課題

東武東上線の旅客列車で野菜を輸送し、池袋駅で直売する日本初の取り組みが始まりました。並べられた野菜は、埼玉の直売所でその日に売れ残ったもの。背景には社会課題を解決したい思いがありました。

東上線で運んだ野菜、帰宅ラッシュの池袋駅で即完売!

 2021年3月18日(木)、帰宅ラッシュ18時台の池袋駅構内に、埼玉産の野菜を特別価格で販売する直売所が登場しました。

 これは、東武東上線を活用した「TABETEレスキュー直売所」と題した実証実験の一環。売られている野菜は、埼玉県東松山市のJA埼玉中央東松山農産物直売所「いなほてらす」で、その日に売れ残ったものです。

 池袋での「販売品」となった売れ残り野菜は、キャベツ、ホウレンソウ、ニンジンなどがコンテナボックス7つぶん。これらを東松山市内にある東上線の 森林公園駅から快速急行に積み込み、池袋駅まで運びました。

Large 210318 yasai 01

拡大画像

東上線の森林公園駅で快速急行に野菜を積み込む(画像:東武鉄道)。

「いなほてらす」の営業が終了した16時から2時間強を経て、池袋駅構内のイベントスペースに並べられた野菜は、イベント性と特別価格もあってか、わずか30分ほどで捌けてしまうほどの盛況ぶりでした。

 この日本初の取り組みは、東武鉄道と東松山市、JA埼玉中央、東松山生産者直売組合、そして株式会社コークッキングが連携して実施。売れ残り野菜はコークッキングが買い取り、同社のメンバーが池袋まで輸送して販売まで行っています。

【写真】即完売! 池袋駅に登場した野菜直売ブース

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント