JTA&RAC「世界自然遺産」特別デザイン機を公開 生徒の絵画が機体にラッピング

超カラフルな「沖縄っぽい737」出現です。

1年間投入される予定

 JTA(日本トランスオーシャン航空)とRAC(琉球エアーコミューター)は2021年3月20日(土)から、「世界自然遺産」特別デザイン機をデビューさせています。路線への投入期間は1年間の予定です。

Large 210321 jta 01

拡大画像

JTA「世界自然遺産」特別デザイン機(画像:JTA公式Twitter)。

 対象機は、JTAの737-800型機(機番:JA11RK)と、RACのDHC-8-Q400CC型機(機番:JA85RC)の計2機。沖縄県が実施する世界自然遺産推薦地域(国頭村、大宜味村、東村、竹富町)の小・中学生を対象に開催された、図画コンクールの受賞作品を機体にラッピングしています。

 JTAとRACが所属するJAL(日本航空)グループでは、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録に向けた推進活動を実施しています。また、20日には、沖縄県主催による図画コンクール表彰式と、特別デザイン機披露のセレモニーが実施されています。

【了】

2機種! 「世界自然遺産」特別デザイン機の全景

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント