日本一気前が良い旅客機の「格納庫見学」かも? FDA格納庫見学に行ったら主翼に座れた件

飛行機ファンを中心に人気を博す航空会社主催の格納庫ツアーは、通常「主翼は触れない」などの制約があるのが一般的。ただ、FDAが実施したものは「主翼に座ってOK」「機体に絵描いてOK」とまさに「大盤振る舞い」でした。

「救命胴衣」をガチで膨らませる航空教室

 国内では、利用者を楽しませ、旅客機や航空会社に興味を持ってもらうといった目的から、航空会社が格納庫見学を実施することがあります。普段では見られない旅客機の姿を見ることができるため、航空ファンを中心に人気のイベントとなっています。

 ただ、この格納庫見学については、様々な制約があることから、なかなか思うほど機体に近づけない、触れないといった面もあります。ただ、そのハードルを極限まで下げた企画を立てたのが、静岡に本社を構えるFDA(フジドリームエアラインズ)です。

 2021年3月20日(土)に、県営名古屋空港(愛知県小牧市)で実施された「FDA 整備部Presents! 秘密の格納庫ツアー」は、同社の“気前の良さ”が大いに発揮されたイベントでした。

Large 210320 fda 01

拡大画像

「FDA 整備部Presents!秘密の格納庫ツアー」の様子(2021年3月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

 今回のイベントは、2021年3月中に3度の開催が予定されており、取材したのは2回目のもの。映画のような荘厳なBGMをバックに、FDA機(機番:JA16FJ、エンブラエル175型機)が名古屋空港の格納庫に入ってくるところからツアーは始まります。

 集まった参加者は68人で、いくつかのグループに分かれてツアーはスタート。会議室では整備士による航空教室が実施されますが、会場後ろに置かれているのは、まさしく本物のログブック(航空日誌。パイロットと整備士間の状況報告や品質保証などに用いる)です。この教室では、救命胴衣を本当に膨らませる、レアシーンも披露されました。

 ただ、このツアーの最大のポイントは、機体見学です。

【写真レポ】主翼座った!大盤振る舞いのFDA格納庫ツアーをサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント