ドバイメトロ運行・保守&ドバイトラム運行事業を受注 三菱チーム新会社で大型案件へ【Merkmal】

三菱重工エンジニアリングが、仏ケオリス社、三菱商事とコンソーシアムを組み、アラブ首長国連邦のドバイにある全自動無人運転鉄道システム「ドバイメトロ」の運行・保守と、路面電車「ドバイトラム」の運行に関する事業権を取得し、同国道路交通局と契約を結んだ。

9月に事業スタート

Large 210323 mhieng 01

拡大画像

全自動無人運転鉄道システム「ドバイメトロ」(画像:ドバイ道路交通局、三菱重工業)。

 三菱重工業は2021年3月23日(火)、三菱重工エンジニアリング(MHIENG)がフランス国有鉄道(SNCF)グループのケオリス社(KEOLIS SA)、三菱商事とコンソーシアムを組み、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国にある全自動無人運転鉄道システム「ドバイメトロ」の運行・保守と、路面電車「ドバイトラム」の運行に関する事業権を取得し、同国道路交通局(RTA)との間で契約を締結したと発表した。

 海外における都市軌道交通の運行への参画は、MHIENGとしては初めて。3社は事業会社「Keolis MHI Rail Management and Operation LLC」を設立し、現行の運行・保守事業者からの移管を受けて、2021年9月から事業を開始する計画だ。事業会社の出資比率は、ケオリス社70%、MHIENG25%、三菱商事5%。契約期間は最長15年(9年+オプション最長6年)。

 ドバイメトロは、2009年に開業した2路線・計90kmの都市鉄道で、うち約75kmの本線を三菱重工業がリーダーを務めた5社コンソーシアムで設計・調達・建設を請け負った。路線はドバイ国際空港やドバイ国際博覧会会場、主要地区を結んでいる。

 ドバイトラムは、2014年に開業した全長10.6kmの路面電車で、高層ビルが立ち並ぶマリーナ地区を走る。

 MHIENGはこれまで、カタール、フィリピンで都市軌道交通のシステムや車両の保守サービスを担当。米国、シンガポールなどでも、国際空港内のコンコースを結ぶ全自動無人運転車両システム(APM:Automated People Mover)で運行・保守サービスを提供している。UAEでは、2018年からドバイ国際空港内のAPMの運行・保守サービスを担っている。

【了】

提供:Merkmal
「Merkmal(メルクマール)」とは……「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

【写真】ドバイの街を走る「ドバイトラム」

Writer: Merkmal編集部

「Merkmal(メルクマール)」は「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」として発足しました。MaaS、CASE、環境への対応、自動運転技術など、変革著しい交通・運輸・モビリティ産業にまつわる最新ビジネス情報を独自の視点で発信しています。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ニュースと直接関係ないとはいえ、車両に近車で作られたものがあることにはどのメディアも触れていない。