スエズ運河で座礁の20万トン超え大型船 船尾が離岸へ 航行再開の兆し

スエズ運河が航行可能になるまで、もうひと息です。

スエズ運河庁 船体の移動に成功

Large 210329 suez 01

拡大画像

船尾が離岸した超大型コンテナ船「エバーギブン」(画像:スエズ運河庁)。

 エジプトのスエズ運河庁は2021年3月29日(月)、運河内で座礁し、航行不能に陥っていた20万トン超えの超大型船「エバーギブン」について、船尾の離岸に成功したと発表しました。

 船尾は運河の土手から102m離れたとのことで、満潮を利用して船体を水路の中ほどに動かし、船首も離岸させて航行可能な状態に戻すとしています。

「エバーギブン」は全長約400m、幅59m、総トン数は約22万トンのコンテナ船で、台湾の長栄海運(エバーグリーン)が運航、愛媛県の今治市に所在する正栄汽船が所有しています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント