日本初導入の新型2階建てバス登場! 英国製 はとバス初の「屋根なし専用車」

はとバスが屋根のないオープントップバスとして、新型の2階建てバスを導入しました。いわゆる「ロンドンバス」と同メーカーの英国製車両で、ボディの「軽さ」が様々なメリットをもたらしています。

はとバス主力商品の「オープントップバス」専用車

 はとバスが2021年4月3日(土)から、新型の2階建てオープントップ(屋根なし)バスの運行を始めます。それに先立ち2日(金)に試乗会が行われました。

 新型車両の通称名は「エクリプス・ジェミニ3」。シャシとエンジンはスウェーデンのスカニア製、ボディはイギリスのバンフォード・バスカンパニー製です。

 北アイルランドに拠点を置くバンフォードは、イギリスのいわゆる「ロンドンバス」のメーカーだったライトバスを2019年に買収した会社であり、今回の車両は「日本版ロンドンバス」ともいえなくもありません。ただ、導入にあたっては日本の規格に合わせるべく、車高を低く、車幅をやや小さくするなど様々な改良が加えられています。

Large 210402 hato 01

拡大画像

はとバスが導入した「エクリプス・ジェミニ3」(2021年4月2日、中島洋平撮影)。

 また今回の車両は、はとバスで初となる「オープントップバスの新車」です。

 日本で走るオープントップバスの多くは、既存の2階建てバスを改造したもので、はとバスは三菱ふそう「エアロキング」の改造車を保有しています。ただ同車種は2010(平成22)年に製造を終了し、現在、国産の2階建てバスは製造されていません。

 はとバスが改造車によるオープントップバスを走らせ始めたのは2009(平成21)年からですが、国産2階建てバスの製造が途絶えたころから、海外に目を向け新車の導入を検討してきたといいます。

 というのも、オープントップバスは今や、はとバスの主力商品なのだとか。今回の車両は既存車の置き換えではなく「増備」だといいます。

【新型2階建てバスの全貌を写真でチェック】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. はとバスに限らなければ各地で走ってますよね

  2. 最大安定傾斜については計算値か?実測値か?分からないけど、本国仕様より幅を狭めた辺りでドレッドも影響しそうだけど、如何に軽かろが後ろ1軸で2軸車を凌ぐとは思えんけどね。
    まあ事前審査で日本の陸運支局の何れかで実測はしてるとは思うけど?まさか量産にかまけた書面審査じゃないことを祈ってますよ。