中国空母「遼寧」ほか6隻 長崎県沖で確認 沖縄近海を抜け太平洋へ 防衛省

海自は護衛艦と哨戒機を用いて情報収集・警戒監視を行いました。

空母だけでなく最新最大級の駆逐艦も

 防衛省は2021年4月4日(日)、東シナ海を航行する中国海軍の艦艇6隻を確認したと発表しました。

Large 210405 chinafleet 01

拡大画像

中国海軍の空母「遼寧」。満載排水量は約6万トン(画像:統合幕僚監部)。

 統合幕僚監部によると、場所は、長崎県の五島列島沖合に浮かぶ男女群島の南西約470kmの海域とのこと。空母「遼寧」のほか、レンハイ級ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦2隻、ジャンカイII級フリゲート1隻およびフユ級高速戦闘支援艦1隻の計6隻だとしています。

 2021年4月3日(土)午前8時頃に同海域を南東進し、その後、これら艦艇は太平洋へ向けて沖縄本島と宮古島の間の海域を南下したといいます。

【了】

【写真】「遼寧」とともに確認 中国最新最大級のミサイル駆逐艦

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント