新東名「新御殿場IC」&国道138号バイパスきょう開通 富士の東で静岡・山梨直結!

新東名の御殿場JCT~新御殿場IC間と、これに接続し富士五湖方面へ通じる国道138号バイパスが開通、新東名~河口湖~中央道ルートがつながりました。地元の静岡のみならず山梨県側の期待も高く、観光の起爆剤になることが期待されています。

山梨県にとって「海と空へつながる道」

 きょう2021年4月10日(土)、新東名の御殿場JCT~新御殿場IC間と、これに接続する国道138号「御殿場バイパス(西区間)」「須走道路」などが、16時に同時開通します。それに先立ち開通式典と通り初めの様子が報道陣へ公開されました。

 新東名は御殿場JCTから北、神奈川方面へ1区間延伸する形です。また自動車専用の国道138号バイパスは北西の東富士五湖道路へ、さらに中央道の富士吉田線へ接続しており、河口湖を経由して新東名と中央道が自動車専用道で結ばれることになります。

Large 210410 kaitsu 01
岩井国土交通副大臣、川勝静岡県知事、長崎山梨県知事らにより行われた開通式典。新御殿場ICにて(2021年4月10日、中島洋平撮影)。

 新東名と並行する東名の御殿場ICから、国道138号、東富士五湖道路を経由して河口湖に至るルートは以前から知られていましたが、国道では地域の生活交通と観光の交通が混在し、連休などには御殿場市街で激しい渋滞が発生していたといいます。

 とりわけ2019年10月の台風19号で中央道と国道20号が1週間にわたり寸断された際には、このルートが中央道の代替となり、国道138号も混雑したそうです。新東名の開通により、静岡方面から山梨方面へ向かう交通が新東名経由に転換され、さらに国道138号バイパスの開通で、生活交通と観光交通が分けられ、御殿場市街地の混雑緩和が図られるとされています。

 今回の式典には、国や静岡県の関係者だけでなく、長崎幸太郎知事をはじめ山梨県側の関係者も多く出席。長崎知事は今回のルートを「山梨県にとって、海と空につながる道」と説明します。海は清水港や横浜港、空とは羽田空港を意味するそうです。

【開通区間の地図/現地の様子】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント