新東名「伊勢原~御殿場」開通予定見直し 全通は3年延期の2023年度へ 工事難航

秦野IC~御殿場IC間の工事が特に難航しています。

 NEXCO中日本は2019年8月27日(火)、新東名 海老名南JCT~御殿場JCT間の沿線関係者などと第3回の連絡調整会議を開催し、開通予定の見直しを発表しました。

Large 190827 shintomei 01

拡大画像

新東名、見直し後の開通見通し(画像:NEXCO中日本)。

 新東名の御殿場JCT以東は現在、神奈川県内の圏央道と東名を結ぶ海老名南JCT~伊勢原JCT間(6km)が開通しています。伊勢原JCTから西へ1区間(2km)の伊勢原大山ICまでは2019年内の開通を目指し工事を推進しているものの、それより先の区間について、開通予定を次のとおり見直すそうです。

・伊勢原大山IC~秦野IC(13km):2020年度→2021年度
・秦野IC~御殿場IC(26km):2020年度→2023年度
・御殿場IC~御殿場JCT(7km):2020年度
※IC名などは仮称のものがある。

 当初は伊勢原大山ICから御殿場JCTまでの46kmが2020年度開通の予定でしたが、このうち御殿場IC~御殿場JCT間を先行して2020年度に開通させることとなりました。

 伊勢原大山IC~秦野ICは、用地取得の難航と、膨大な埋蔵文化財調査により、道路本体工事が遅延しているそうです。また秦野IC~御殿場IC間については、のり面崩落にともなう工事用進入路のルートや構造の見直し、想定以上の断層破砕帯が確認されたことによる橋の構造形式変更、これらにともなう施工計画の見直しが発生しており、整備が難航しているといいます。

 なお、先行して開通する御殿場IC~御殿場JCT間については、橋脚などの下部工が完成しているところから、順次、橋桁などの上部工に着手しているそうです。

 NEXCO中日本は「引き続き、工程短縮に努め1日も早い開通へ努力」するとしています。

【了】

【画像】各区間の工事進捗状況

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190827 shintomei 02
  • Thumbnail 190827 shintomei 03
  • Thumbnail 190827 shintomei 04
  • Thumbnail 190827 shintomei 05
  • Thumbnail 190827 shintomei 06
  • Thumbnail 190827 shintomei 07
  • Thumbnail 190827 shintomei 01

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント

2件のコメント

  1. このニュース配信は停止してください、不要です。

    • こんばんは。