航空業界の苦闘の舞台裏、再生への道を描く! 『コロナ後のエアライン』4月12日に発売

「Go To」関連で朝の顔となった鳥海高太朗さんの渾身の一冊です!

航空会社各社や空港などの多方面取材をもとに

 宝島社から2021年4月12日(月)より、書籍『コロナ後のエアライン』が発売されます。

Large 210410 aftercovid 01
書籍『コロナ後のエアライン』の表紙(画像:宝島社)。

 著者は航空・旅行アナリストで、帝京大学理工学部などで非常勤講師を務めるほか、TBS系列『ひるおび!』、テレビ朝日系列『羽鳥慎一モーニングショー』などで解説者も務める鳥海高太朗さんです。

 書籍は256ページで7章構成。新型コロナウイルス感染拡大によって未曾有の危機に直面した航空業界にスポットをあて、航空会社各社や空港をはじめとする多方面への取材をもとに、アフターコロナを見据えたANA、JALなど国内航空会社の戦略や、世界のエアラインの動向と近い未来をリポートしています。価格は税込1650円です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 長距離の鉄道の消えた客もかなりが戻ってこないのではないか。リニアは作らないほうがよいだろう。