「胴体花だらけ」のANA機「FLOWER JET」が通常機に戻るまで 特別塗装の裏側が色々予想外!

ANAが東日本大震災からの復興の願いを込めた特別塗装機「東北FLOWER JET」の運航を終了。その機体を通常塗装に戻しています。この塗り替えの様子を取材したところ、通常では見られないものがたくさん見られました。

2016年導入 東北地方にちなんだ17種類の花を機体に

 ANA(全日空)が2016(平成28)年から運航を開始した特別塗装機「東北FLOWER JET(ボーイング737-800型機。機番:JA85AN」)」が2021年4月20日(火)をもって運航終了となりました。翌21日(水)に、派手な特別塗装から通常のANA機へデザインを戻す作業が実施されています。

Large 210421 ja85an 01b2

拡大画像

最終運航日に那覇空港を離陸するANAの「東北FLOWER JET」(2021年4月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

「東北FLOWER JET」のデザインは、2011(平成23)年に発生した東日本大震災で深刻な影響を受けた東北地域に対する復興の願いを込めたものだそう。発案者はANA福島空港の社員で、胴体全体に東北地域にゆかりのある、17種類の花があしらわれています。

「東北FLOWER JET」当初2020年までの5年間、この特別塗装で定期便に投入される予定でしたが、結果的に計画より少し長い2021年4月まで運航を継続。この塗装での最終便は、宮古発那覇行きのNH1730便で、その翌日には那覇空港内で数多くの航空会社の航空機整備などを手掛ける「MRO Japan」の格納庫で、機体のメンテナンスと同時に、通常塗装への塗り替えが実施されています。

【写真27枚】隠れ「日の丸」出てきた! 予想外の「FLOWER JET」卒業式

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント