本日開業「ヨコハマ・エア・キャビン」乗ってみた 街の空をゴンドラ行き交う未来感

横浜のみなとみらい地区にロープウェー「ヨコハマ・エア・キャビン」が開業しました。桜木町駅前から海を渡る約5分の空中散歩。都市の眺めもさることながら、上空をひっきりなしにゴンドラが行き交う街の光景も、どこか近未来的です。

約5分「都市の空中散歩」

 横浜のみなとみらい地区にロープウェー「ヨコハマ・エア・キャビン」が2021年4月22日(木)に開業、さっそく乗ってみました。

 場所はJR桜木町駅前と、海を隔てた新港地区の「運河パーク駅」を結ぶ片道630m。パンフレットには「街を高所から楽しみながら移動できる観光振興施設として、新たな横浜・みなとみらいの魅力を創出します」とあります。片道の運賃は大人1000円、所要時間は約5分です。

Large 210422 rope 01
ヨコハマ・エア・キャビン(乗りものニュース編集部撮影)。

 上空ではゴンドラがひっきりなしに往復しています。ゴンドラは8人乗りですが、現在は4人までに絞っているとのこと。乗ってみると、スキー場のリフトなどと同じように、駅舎を出る際には多少揺れたものの、あとは揺れもせず静かに高度を上げていきました。

 ロープウェーの最も高い場所は地上40mです。みなとみらいのシンボル、観覧車の「コスモクロック21」と同じような目線で、眼下には帆船日本丸や遊園地のよこはまコスモワールドを望みつつ、かつて新港地区へ延びていた貨物線跡を整備した「汽車道」に沿って進みます。駅舎に近づくと高度を下げていきますが、桜木町駅側では、クルマが行き交う交差点のすぐ上空をゴンドラが行き交う、どこか近未来的な光景が出現していました。

 昭和の一時期には渋谷にもロープウェーがありましたが、いまではこの横浜のものが日本唯一の「都市型ロープウェー」だそう。周辺は夜景スポットとしても知られる場所ですから、夜のロープウェーもまた違った魅力がありそうです。駅舎やゴンドラは、世界的な照明デザイナーの石井幹子さんが演出照明を監修しています。

【了】

【ロープウェー】ゴンドラの中から、下から、写真でたっぷり

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント